人妻との会話

さて、人妻とどのような会話をすればいいのか?悩む人もいると思います。

 

しかし、答えは簡単です。

 

女性はとにかく理解されたいということを覚えておきましょう。

 

特に結婚している女性は、男性とふれあう機会が少なくなっているため、なんでも話せる男というのは貴重です。まして、旦那にも言えないような秘密が一つや二つ、あるでしょう。そういったことを聞くのです。

 

するとその人妻の中では、あなたは旦那にも話していないことを話した唯一の男...というポジションになるわけです。

 

また、女性同士でも話せないことって意外とあるので、そういった誰にも話していない話を人妻が話してくれたら、ホテルは近いと思いましょう。

 

でも、いきなりそんな話を人妻は教えてくれません。では、どうすればいいのか?

 

自分の恐怖を先に出すのです。

 

人が動く理由は、快楽、恐怖と2種類ありますけど、恐怖の方がインパクトが大きい。そのため、自身が恐怖に感じている話と言うのは、その人の核心にせまることが多いのですが、それも女性はなかなか話しませんよね。

 

そこで、まず男である自分が最初に怖いと思っていること、恐怖を話すのです。

 

それは仕事のことでも、人間関係でも健康でもかまいません。

 

そういった自分の内側を話すことで、女性との距離を縮めます。普通の男はそういった恐怖の話をしないため、女性もかなり興味深く聞いてくれます。その結果、その女性も怖いと思っていることを話してくれる確率は高くなるでしょう。

 

そうなったらしめたもの、秘密の共有を図ります。

 

「旦那さんとか、友達とかにも言えない秘密ってある?」みたいに話をみればいいでしょう。

 

逆に話をふられたら、「んー、俺はここでこうやって女性と会ったりすることかな、笑」と答えればOKでしょう。

 

まあその場合、女性も同じことを言ってくる可能性がありますが...その場合は、「え、他には?」と聞くか、その秘密の共有の雰囲気を楽しめばいいでしょう。

 

こうして二人で会っていることは二人だけの秘密であり、それを再確認するという行為は、背徳感もあり、スリルもあり、刺激を求めている女性にはたまりませんね。

 

女は自分で決めたことは、したがる

 

また、変に誘導するよりも、本人からYESをとり、自発的にうながすのも大切です。

 

例えば「なんで俺と会おうと思ったの?」と聞きましょう。

 

すると女性は会おうと思った理由を考えます。

 

つまり、あなたを肯定する方向に自ら考えることになるわけです。

 

これはアポをとる際にも冗談でもいいから誘うという話をしましたけど、それと一緒です。

 

最初に冗談でもいいから会うことを前提にYESをとることで、女性の中で一貫性が生まれるわけです。

 

例えばあなたが「買う買わないは別にして、こういう商品あったらどうです?」と言われるのと、「価格は1万ですけど、こういう商品どうです?」と言われるのでは、印象が違います。

 

前者の場合は「まあ、あったらいいよな...」と思うわけですけど、後者は「1万か...高いな...」と値段にフォーカスしてしまいますよね。

 

だから、仮定の話でボカしてYESをとっておくのです。

 

で、相手のニーズやこちらの商品の説明などをして、お客さんを温めて「え、じゃあそれどうやったらいいの?」という雰囲気になったら「こういうサービスを始めようと思っていまして、価格が1万なんですよ」と値段を出すわけです。

 

結果的に後者の方が、成約率は高いのが分かるでしょうか?

 

セックスでも同じで、まず冗談でもなんでもいいからYESをとっておくのです。

 

相手が自発的に選んだと思うように、仕向けるんですね。

 

「どういう時に寂しくなるの?」みたいな質問をしてみて、女性のニーズを探っていたり、「旦那さんとは仲良さそうでいいなあ」と日那さんの話をふって不満を引き出したりすることで、ある程度女性の方向性を打ち出していきます。

 

「あれ、あたし寂しいかも」「旦那の不満けっこうあるかも」みたいな方向性を相手自ら打ち出したら、勝手にそういう方向に相手は走っていきます。
仮にそうじゃなくてもOK。

 

とにかく相手を理解し、話を走らせましょう。

 

女性は話すことに快感を覚えるので、もはや前戯です。

 

普通の男は、こういった会話構築をしませんので。

 

さきほどの「寂しい」みたいなキーワードですけど、寂しくない場合は女性の自立性を褒めればOKです。

 

「なんか強いよね、ハートがタフそう」みたいにいって、「そうでもないよ~」みたいな方向にもっていくのもアリですし、そのまま女性を「充実していて、いいね」みたいに褒めるのもOKです。

 

まあ、どう転んでもいいわけです。笑

 

 

さらに話のコツとして、最初に感情を話すというのも使えます。

 

「すごくびっくりした話なんだけど~」「怖かった話なんだけど~」実は会話は、感情の共有という側面があるので、話していること自体に意味はありません。

 

なので、そういった感情を最初に打ち明けることで、女性に話をふりやすくなります。

 

最近びっくりしたこと、ある?とか、聞けますよね。

 

こういった感情に寄り添う、共鳴するということは、女性は非常にうれしくなります。

 

もう会話でセックスしてるようなもんですね。

 

上っ面でへらへら適当に同調する男が多い中、この感情に寄り添うという意識をもっているだけでその他大勢の男から抜きんでた会話の質になるわけです。

 

ペーシングって、ただ普通に「はい、あー、わかる」みたいに適当に相槌うてばいいってもんじゃないですからね。

 

そんな小手先のテクニックよりも、相手の感情に寄り添った方が何倍も効果があります。女性に価値を与えることができるんですね。

 

エロトーク

繰り返しになるが、人妻が不備に求めているものは、充実したセックスライフだ。

 

その意味で下ネタは、大いに会話を盛り上げる役目を果たすとはいえ、あまり露骨なものはN石だ。

 

(どういうシチュエーションに興奮するの?】

 

【エッチが上手そうだよね】

 

【実は結構好きでしょ)

 

など、ソフトなものに置るよう。

 

相手に性的な興味を持っていることが伝われば十分だ。

 

ちゃんと女として見られていることに、人妻は提びを感じる生き物なのである。

 

女がグチを言い出した際は、必ず味方に

女という生き物は自分を理解してくれる男に弱い明らかに女のい分が間違っていたとしても、説教などもってのほかだ

 

また女に同調する際は、常に「自分か相手の彼氏(婚外恋愛オンナはたいていハートナーを「彼」と呼ぶ)だったら」といった仮定で話すと効果的た。

 

【ヒドイね。俺がキミの彼氏ならもっと大事にするけどな)

 

さりげなく好意を伝えることで、こちらを異性として意識させるよう仕向けるのだ。

 

クサイ台詞をバンバンと

個人的な経験からいうと、婚外恋要オンナはなぜかどいつもこいつもロマンチストだ。

 

「要」「キミを離したくない」「8時間ずっと想っている」「自然な自分でいられる」など、バカげた表現ほど食いつきがしたがって、ある程度、相手との距離が縮まったら、恥ずかしからすロマンチックワードを連発して口説きにかかる。以上う点を踏まえてやり取りを続ければ、高確率でアポにこぎ着けられる。

トップへ戻る