人妻さんと出会ってその日にセックスしたいなら・・・LINEで下ネタ会話が必須です!

「じゃあ、またね〜」

 

今までこの一言でセックスも出来ずに、すごすごと家に帰ってきました。

 

ふざけんな!こっちはセックスしに行ったんだよ!!!

 

 

どうもこんには、中村です。

 

 

僕は出会い系を始めた頃は、出会うところまでは行っても、中々セックスできずに困ってました。。。

 

まあ、出会うところまで行くのにすら苦労したんだけどね。

 

知り合いに相談すると・・・

 

「おまえがすぐにセックスできないのは、出会う前にセックスを意識させてねーからだよ!」

 

「ラインやメールの段階で下ネタを話せる仲になっとけ!下ネタを話しとけば向こうもセックスを意識しだすから」

 

うんうん、なるほどね。確かにラインやメールでは終始いい人ぶってたな。

 

でもどうやってセックスなんて意識させんの??

 

そんな事ができてれば、僕もとっくにセックスできてるわけでして。

 

「どうやって下ネタにもっていくんですか?」

 

「こういう会話をして、下ネタに持っていくんだよ」

 

ほうほう、こうやって下ネタにもっていくんか。

 

ここからは、僕が先輩に教わった事と、独自に研究したLINEやメールの会話方法をお伝えします。

 

下ネタに持っていくまでの具体的な方法です。

 

LINEの会話が苦手な方や、会って中々セックスが出来ない方必見です。

 

最初が肝心!人妻さんを呼び捨てで!

LINEやカカオでやり取りを始めるときに必ずといっていいほど、”名前をなんて呼び合うか”というやり取りが始まります。

 

この時に、呼び捨てでもいい?と投げかける。

 

自分より年上であってもね。

 

そして、呼び捨てをする理由として”本音で話したいから”とか気軽に”何でも話しやすいから”という理由をつける。

 

例文はこんな感じ

○○って呼び捨てで呼んでもいいかな(^^?この方が本音でお互い話せる気が気がするし、何でも話しやすいから。

 

こうすることで、たいていの人妻さんはOKを返してくれます。

 

実際、呼び捨てにしたり、タメ口で話した方が人妻さんもポロポロと本音がでてくる。

 

本音で話せないと下ネタにいけないんだよね。実際。

 

最初の話題は無難に仕事や家族の話をする

最初はとりとめない会話をします。

 

でもね、これが意外とメンドクセーし、何を話したらいいか分からないことがある。

 

でも、ここ、やっとかないとダメ!

 

いきなり下ネタいっちゃうと人妻さんに引かれるからね。

 

話すネタとしては家族のこと、仕事のことなんかを話すしかないでしょう。

 

ここで、僕が注意しているのが、一方的に質問だけしないこと。

 

あなたが人妻さんに質問したら、自分の情報は先出する。

 

どういうことかっていうと、例えば、、、仕事のことを人妻さんに聞くときは、このように書きます。

 

「○○さんは、どんなお仕事されてるんですか?僕は△△の仕事をしています(^^)」

 

このように、人妻さんに質問したときに、自分のことも一緒に教えてあげる。

 

そうすると、会話も続きますし、人妻さんからは、

 

「一方的に人のことを聞いてくる人じゃなくて、ちゃんと自分のことも話すんだな〜」

 

って思う訳です。信用が得られるってことです。

 

あと、話題にしやすいのは・・・

 

  • 家族
  • 住んでる場所
  • 食べ物
  • 趣味

 

人妻さんがプロフィールに書いている趣味が共通のものであれば、話題にしやすいです。

 

趣味が共通でなかった場合でも、興味を示すと話題になりやすいです。

 

プロフに何も書いていない人妻さんが結構キツイ。

 

これが僕の経験上、意外とある。

 

こういう場合は例で挙げている、家族、住んでる場所、食べ物、趣味なんかから質問して話題を広げていくしかない。

 

人妻さんへのメールには顔文字を使う

この記事を読んでくれている人の年齢はわかりませんが、あなたの年齢によっては顔文字を使うのに抵抗があるんじゃないかと思います。

 

僕も、顔文字やイラストを使うのには結構抵抗があったほうです。

 

35も過ぎて顔文字を使うなんて・・・

 

相手にいい歳こいてこんな顔文字つかってじゃねーと思われる不安・・・

 

でもね、顔文字使った方がいいです。

 

文字だけで終わると相手に良い印象を与えない場合が多い。

 

どういうことかというと、何だか命令っぽくなる事が多い。

 

当然、命令をいきなり受けると相手の印象は悪くなります。

 

顔文字を入れると冗談ぽく伝えたりすることができるし、柔らかい感じがでてくるんですよね。

 

だから、(^^)/←こんな感じの顔文字を1回か2回は入れるようにしましょうって事です。

 

キーボードに”かお”や”かおもじ”で入力して変換すると顔文字でてきますから。

 

下ネタへのトリガー

下ネタへの入り口。質問は「サイトで他にも男性と会いました?」から

 

@ 「旦那さんとは夜の夫婦関係あるの? うちはないです(笑)」
A 「これまでサイトで知り合った人とつきあったことありますか?」
B 「僕は既婚者なんだけど、本当に大丈夫なの?」⇒@につなげる
C 「うちはめっきりセックスレスで(笑)なので今回彼女を探しています」

 

徐々に下ネタに入っていきます。あくまで自然に上品にが原則です。
最初は「お酒は飲むんですか?」とか「どこで飲むんですか?」とか聞きます。
お酒を飲むのか聞くのは、エッチできるかどうかの指標になります。お酒を飲む人妻さんなら、お酒の力でエッチまで持って行くのがラクになるからです。
「飲むの大好き!」という人妻さんもいますので、そういう人妻さんは、ノリが良いです。つまり、ノリでSEXさせてくれます(笑)
そして、次の質問から本題に入ります。
その質問はこうです。
「ところで、サイトで他にも男性と会いました???」
と聞きます。徐々にデリケートな部分を聞いていきます。
で、人妻さんに向かって「過去にも彼氏いたの?」
なんて聞きます。
そこで、すかさず、
「俺はやっぱり40代が好きだなあ」
とさりげなく書きます。
すると、だいたいの人妻が、
「なんで40代の女性が好きなの?体型も崩れているし。若い子の方がピチピチしてるし。なんで?」
なんて聞いてきます。
そこで、
「40代の女性は落ち着いてるし」とか
「40代女性の雰囲気が好き」とか
「女性はやっぱり40代からでしょう!」とか
あなたが感じていることを率直に伝えます。
たいがい、相手はいい気分になります。
で、「旦那さん(彼氏)は、○○(人妻さんの名前)のこと離さないんじゃない?」
とか聞いてみます。
そうすると、
「ウチは旦那とは友達みたいな関係だよ」
というような答えが人妻さんから返ってきます。もしくは、否定的な答えが返ってきます。
そこで間髪いれず
「旦那さんとはエッチとかするの?あっ、ごめん下ネタで」
と尋ねてみます。
「あっ、ごめん下ネタで」がポイントです。
顔文字(^^;; も入れます。

 

下ネタへGO!会った時にセックスを意識させる!

こうなると、色々な下ネタをざっくばらんに会話することができます。
私は、この方法で下ネタに持って行って、人妻さんの本性をえぐり出し、初めて会った日に高確率でセックスできています。
最後に、私が人妻さんたちと交わした下ネタの数々と、下ネタに突入する直前のLineのやりとりを載せておきます。
参考にしてみて下さいね。

トップへ戻る