人妻との出会い方からセフレにするまで

セフレとのお付き合い仕方

セフレとして保持するテクニック、2パターンをご紹介します。

 

の恋人関係をふんわりと不明瞭にし、セフレの関係を構築する2恋人と思い違いしてもらいセフレの関係をキープする

 

1~2度セックスをした後、女性側から「私たちってどういう関係?セフレなのかな?」と言われる可能性が出てきます。

 

答える例として

 

「俺はセフレっていう言葉は嫌なんだよね。女の人をセックスの道具として見てたり、相手を思いやる気持ちが足りてないと思うんだ。俺たちは恋人ではないけど友達以上の関係なんだと思っているけど、どう?」

 

とセフレを自分流の解釈で説明しましょう。

 

思いやりのある優しい人と思ってもらい、もしかしたら、将来関係を続けたら付き合う可能性もある人と思ってもらえます。

 

そうすることで、セックスフレンドを継続しやすくなるでしょう。

 

2恋人と思い違いしてもらいセフレの関係をキープするというパターンがあります。

 

この場合の対処法は3ステップです。

 

の女性に

 

「俺は付き合ってもさっぱりしたタイプの人間だし、付き合っても性格は変わらないと思う。だから女友達の頃と連給の取り方や家に招くのは変わらないよ。」

 

と伝えておきます。

 

21~2回セックスをして「私たちセフレの関係なのかな?」と聞かれるとする
「付き合ってると思うよ?大人の会話は付き合っているとかわざわざ話さずに自然の流れでそうなるよね?でも付き合ってるとしても、俺の接し方や考え方は変わらないからね。」と話しましょう。

 

セフレ関係を構築できていくと思います。このようなふんわりした関係で関係を構築していくようにしてください。

トップへ戻る