現実に不倫願望をもつ欲求不満な人妻との出会いを求めても中々見つかるものではありません。

 

勤務先や、近くのコミュニティーにいくらでも人妻はいるはずです・・・

 

いるのはいるけど、口説くとなれば話は別ですよね。

 

仮に落とせたとしても、共通の知人や、相手の旦那にバレたときのリスクを考えると中々踏み出せません。

 

近くに人妻さんはたくさんいるのに口説けないという悲しい現実。

 

このまま指をくわえて、妄想するしかないんでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

実はあるんです。

 

欲求不満で後腐れのない人妻さんが集まってる場所が・・・

 

そう、答えは出会い系サイトです。

 

人妻なのに出会い系に登録している、不倫したい以外に何があるんでしょうか?
もちろん、食事や飲み、デートも求めているんでしょうが、最終的にはセックスとしか考えられません。

 

出会い系サイトで出会えるわけないだろ。サクラばっかりなんだろ!

出会い系を利用したことの無い人達は「出会えるはずがない」「美人局がいるのでは?」などとネガティブな印象を抱いている方が多いと思います。

 

こう思ったあなた正常です。

 

ハッキリ言ってどんな優良な出会い系サイトでも、大手でもサクラや業者はいます。

 

しかし、実際に出会いを探している女性も登録しています。

 

とある出会い系サイトで調査された女性会員のログイン数です。

東京都で20〜29歳の女性が3日以内にログインした数
ペアーズ(pairs)が10198人、
ワクワクメールが3541人、
ハッピーメールが2593人、
Omiaiが2290人、
PCMAXが2499人、
YYCが2043人

 

ちなみに神奈川、大阪においてもこの順位にそこまでの変動はありませんでした。

 

この結果を見ると、ホントに女性って登録してたんだ!サクラや業者ばっかりじゃなかったんだ!てことが分かりますよね。

 

じゃあ、サクラや業者がいない出会い系サイトってないの?

残念ですが、こんな理想のサイトもありません。

 

これはもうしょうがありません。割り切って、サクラや業者がいるという前提で活動することです。

 

100%サクラや業者のいないの出会い系サイトを、探すなんて時間の無駄です。

 

良いサイトを探す時間があるぐらいなら、複数のサイトに登録してそこで釣り糸を垂らしておく。これがセオリーです。

 

複数登録する事によって出会いの確率も必然的にあがるんですね。

 

サクラや業者を見抜く力を養えば、その先には本当の出会いがまっています!

 

以前、出会い系サイトを使ってみたけど全然出会えなかったわ!!

ごめんなさい。やり方が攻め方が悪かったとしかいえません。

 

”出会いがないので登録しました”とかありきたりの文章で利用していませんでしたか?

 

プロフィールの写真は何だか怖いので登録しなかったとか・・・

 

これでは女性と出会う事はできません。

 

しかるべき、正しい手順を踏まないと女性と出会う事はできないです。

 

出会い系サイトの特徴と、確実に出会えるサイトの紹介

最近は、利用者の多い出会い系サイトなら、どれを使っても人妻にぶち当たる特に多いと感じるサイトは以下の3つだ。
今や数多のごとくある出会い系サイト。

 

Googleで「出会い系サイト」と検索しても数十サイトがヒットするこのご時世。

 

探し出せばキリがないほど検索ヒットしてしまうのである。

 

しかしながらサイトの約7割以上が騙しサイトに近い悪質な出会い系サイトであることも事実だったりする。

 

そんな中で、私自身それらのサイトによってしっかりと出会うことが出来、相手の女性とも関係を持てたのは、下記の5つの良質な出会い系サイトだった。

 

確実に出会える5サイトの詳細特徴と注意点をご説明したいと思う。

ハッピーメール

設立年 2000年
累計会員数 1,500万人
男女比 7:3
男性料金 1pt10円
全掲示板閲覧の消費ポイント 1pt
全掲示板投稿 5pt
メール送信の消費 5pt

 

言わずと知れたキングオブ出会い系サイトのハッピーメール、通称ハピメ。非常にユーザーフレンドリーなサイト設計であり、女性のプロフィールをいくら見てもポイントが減らないのは素晴らしく良心的である。

 

WEBサイトバージョンとスマホアプリバージョンで若干プロフィール項目などが異なるのが実はミソで、特にWEBサイトバージョンのプロフィール項目にある「エッチ度」はいろんな意味で見逃せない項目なので、WEBサイトバージョンとスマホアプリバージョンをうまく併用するのが理想だと考えている。

 

私自身このハピメで10人弱は頂けた実績があるが、諸々の事情からキャッシュバッカーも少なめなことが特に利用しやすい点といえるだろう。

 

YYC

設立年 2000年
累計会員数 1,000万人
男性料金 1pt1円
プロフィール閲覧の消費ポイント 10pt
全掲示板閲覧の消費ポイント 10pt
メール送信の消費 50pt

このYYCも良心的なサイトであるが、個人的にはプロフィール閲覧でポイント消費が発生するのは低評価。

 

さらに、これはサイト構造のバグなのかもしれないが、WEBサイトバージョンとスマホアプリバージョンのポイント互換がなかったりするので、前述のような両サイト併用がうまくいかなかったりするのもどうにかしてほしい点だったりもする。

 

と言っても私自身このYYCで何人か頂けた実績もあるのであまり悪くいうのは控えておこう。若干ではあるが援助女性とキャッシュバッカーがいるような気もするので気をつけて頂きたい。

 

PCMAX

設立年 2008年
累計会員数 900万人
男性料金 1pt10円
プロフィール閲覧の消費ポイント 1pt
写真閲覧の消費ポイント 3pt
全掲示板閲覧の消費ポイント 1pt
メール送信の消費ポイント 5pt
のぞき見マル秘データ閲覧時の消費ポイント 2pt
裏プロフ閲覧時の消費ポイント 10pt

 

かなりアダルト色が濃い印象の出会い系サイトといえばこのPCMAXである。

 

その分援助目的の女性も多いし、また詐欺業者も横行しているイメージなだけに、WEBサイトバージョンのデザインの雰囲気も含めて若干カオスのようなサイト構造になっている。

 

裏プロフというエロ項目てんこ盛りなのが最大の特徴だが、このプロフを見るのには10pt(=100円)を必要とする仕組みになっている。

 

気になる女性が現れるとこの裏プロフをどうしても見たくなってしまうのが男の性であるが、せっかくポイントを使って裏プロフを確認したところ、裏プロフにギッシリとエロ要素が記入されていることで逆にキャッシュバッカーであることを再確認してしまうという悲しい事態に陥りがちな出会い系サイトなので注意が必要だ。

 

プロフィール閲覧でもポイント消費してしまうのはあまり評価できない点である。

 

ワクワクメール

設立年 2001年
累計会員数 690万人
男性料金 1pt10円
全掲示板書き込み時のポイント 5pt
メール送信時のポイント消費 5pt
メール送信の消費 5pt
伝言板クローズ書き込み時のポイント消費 2pt

歴史はあるものの比較的新しいサービスのイメージを持つこのワクワクメール。

 

会員数が上記3サイトと比べて少ないため、女性会員の入れ替え頻度も低いイメージで、個人的には援助目的とキャッシュバッカーがやや多いような印象を受ける。

 

私自身の実績としてはこのワクワクメールでは1人ぐらいしか頂けていないかもしれない。

 

前述の御三家的な3サイトで一通りの女性にアタックしてしまった場合にのみ利用する程度でよいかもしれない。

 

ミントC!Jメール

設立年 2000年
累計会員数 450万人
男性料金 1pt10円
全掲示板閲覧の消費ポイント 1〜3pt
全掲示板書き込み時の消費ポイント 5pt
メール送信の消費 7pt

 

非常に歴史があることから高い知名度を誇りながらも不思議と会員数が少なめで、一見すぐに出会えそうな印象なのになかなか出会えないのがこのJメールである。

 

個人的にはかなりキャッシュバッカーが多い印象で、サイトからLINEに連れ出せる確率が異様に低い。

 

あまり真剣になると料金だけ異様にかかる割に成功しづらいという若干の危険性もはらんでいるサイトなだけに利用するときは要注意である。

 

 

プロフィールや掲示板の検索機能で「独身」「既婚」「バッアリ」を選択できるので、人妻探しに苦労はいらないはずだ。

 

ただし、掲示板検索でアダルト系を選ぶとエンコー目的の人妻たらけなので、俺の場合はピュア系を狙っている相手は主婦だけに平日休みや昼間に会える相手を探していることが多く、俺のようなサラリーマンがアポを取るのは一苦労だった。

 

 

が、最近わくわくメールに追加された「暇な時間設定」機能を使えば、平日、終末の昼、夜、深夜、など相手の希望時間帯を細かく設定できる利用しよう。無料携帯サイトのMコミュも女性の利用者が多く、大勢の人妻か参加しているオイシイ狩場た。

トップへ戻る