人妻との出会い方からセフレにするまで

セックステクニックは必須

明石家さんまさんが「芸人は売れるのは簡単。売れ続けるのが難しい」と言っていましたが、これと同様に女性と1度セックスするのは簡単ですが、セフレ関係を続けるのはある程度の努力が必要です。1回セックスをするだけなら出会い系サイトを利用すれば難しくありません。しかし、その女性にセフレでいてもらうには女性側にセフレ関係を了承させ、それを維持させる「理由」が求められます。その理由を作るのが、前述した2つのコツ。「セックス」と「オンナとしての存在証明」です。
もちろん、女性はロボットではなく、一人一人個性があるので、各女性に合った対応が必要となります。しかし、いずれにしてもセックスの腕は上げておくべきです。よくある誤解として男性の性器が大きいと女性に与える快感も大きくなるというもの
です。
確かに、その側面もありますが、それほど気にする要素ではありません。なにより性器の大きさは後天的に変えることができませんし、女性側も男性の性器の大きさだけで快感が増すわけではありません。それよりも前戯を丁寧に行う方が遥かに女性の快感を大きくします。ガンガン激しく突けば良いと思っているのなら今すぐ自分のセックスを見直すべきで
す。
女性が我慢できず「挿れて」という言うまで、じっくり前戯を行いましょう。焦らしも重要です。感じやすい部分を愛撫したり、舐めたりする前に、その周辺を責め、息遣いが荒くなるまでは、それを続けます。「愛があればテクニックなんていらない」というのは理想論。
前述した通り、どんなに愛している彼氏がいても、圧倒的な快楽を与えられた女子大生は私のセフレになることを選びました。これが現実です。セックスに興味がある女性であればあるほど、その傾向が顕著になります。
セックステクニックの類は多く出回っていますので、ここでは割愛しますが、当然やり方は1つではありません。
相手女性の反応を見ながら性感帯を探り、その女性に合った責め方をしましょう。

トップへ戻る