人妻との出会い方からセフレにするまで

36歳の人妻

36歳の人妻
PCMAXで見つけた36歳人妻との話。
営業をしている俺は、移動中の電車の中で暇だったので、出会い系サイトを見ていた。

 

そこで、36歳の人妻を見つけた。

 

 

連絡とってすぐにLINEをゲットし、連絡を取り合う ことに。今日は会えないかと聞くと、会えないとのこと。

 

 

次の日、営業先から出ると人妻からLINEが入ってい た。今からもし時間があったら、会いませんかと。

 

 

ちょうど時間も空いているし、人妻が指定する場所も遠くないし、会いに行った。名前はひとみ。会う と、スレンダーで細身。でも胸はTシャツがはちき れそうなくらいの巨乳だった。

 

 

これは当たりだと確信した。

 

家はここからさほど遠くないが、知り合いがいない 街なので、自分の車でもいいとのこと。

 

そのまま彼 女の車でホテルへと向かった。

 

 

ホテルに入り、汗を流しにお風呂へ行くと、彼女もあとから入ってきた。

 

やっぱり当たりだった。

 

 

スタイル抜群。そして肌が綺麗。

 

子供を産んでいるのかどうかわからないけれど、きちんとスタイルを 維持している。

 

旦那がうらやましい。

 

 

シャワーに入ると彼女はマットとローションに目が止まり、マットプレイをしてみたいと言い出した。

 

 

俺は喜んでと答え、マットの上に寝た。

 

 

ローションが冷たいと彼女は言うが、大きな胸に塗り、俺の身体を全身ローションまみれにした。

 

 

それだけでも気持ちがいいのに、胸でパイズリをして始めた。チンコを全体を胸で飲み込み、激しく上 下へと動かす。

 

そして、舌で先っぽを舐める。

 

 

ローションって苦いんですね。

 

と彼女は言うが、それでも嫌がらずに口も使って舐めてくれた。

 

 

俺はそれで昇天してしまった。

 

 

ローションを流し、二人でベットへ行った。

 

 

フェラをし始めると、またこれもうまい。

 

 

上目使いで俺を見ながら、裏スジを舐め、そして加える。

 

 

気持ちがいい。

 

 

何時までもこうしていたいし、彼女もいいというまで絶対やめないだろう。

 

彼女のマンコをこっちに向 かせて、シックスナインになった。

 

 

彼女のマンコはピンク色。綺麗だった。

 

 

どんな感じかと言うと、彼女は

 

 

「じろじろ見ないでください」

 

 

と言ったが、まんざらでもなくまたフェラを始めた。

 

 

俺は口いっぱい広げ、クリトリスやマンコを舐めまくった。気持ちいいのか、フェラが疎かになってきた。

 

 

彼女のマンコも十分にヌレヌレになったので、騎乗位で生で挿入。

 

彼女の動きに合わせて、俺も腰を動かすと彼女が
「イクわ。いっちゃうわ」

 

と絶頂に達した。

 

 

体位をバックに変え、激しく奥に突きまくる。

 

 

中出しは怖かったので、口に持っていったら、見事に全部飲んでくれた。

 

シャワーに行こうとすると、
「もう1回したい」

 

という。

 

 

さすがに無理だろ。

 

とか思いながら、冗談で

 

「ローションでパイズリして大きくしてくれる?」

 

 

って頼んだら、お風呂からローションをもってきて、してくれた。

 

 

絶対大きくならないだろうとか思っていたら、ほんの数分で復活www

 

 

正常位で入れ、3回目開始。

 

 

彼女は何回かイッたが、さすがに俺はイケず、でも彼女がどうしても俺を気持ちよくさせたいというので、もう1度パイズリでいかせてくれた。

 

 

彼女には申し訳なかったが、彼女はそれで満足だったみたいだ。

 

 

奉仕する巨乳。すごくいいと思った。

 

 

さっさとシャワーを浴び、仕事に戻ったのだか、仕 事の帰り道にパイズリを思い出し、次回は巨乳オンリーでPCMAXで探すことを決めた。

 

 

トップへ戻る